スポンサーリンク

「2021 CX-9搭載 新世代マツダコネクト」と「初代マツダコネクト」を比較する動画(ディスプレイ横幅は27.94 cm?)

マツダ関連

マツダのインフォメントシステム「マツダコネクト」

第6世代にも新世代の波が押し寄せてきました。
今回は、2021 CX-9に搭載された新世代マツダコネクトと初代マツダコネクトを比較している動画です。

情報元はYoutubeです。
いつものアメリカのマツダ車販売店が動画を投稿しています。

車両は新旧のCX-9を使用しており、初代マツダコネクトのセンターディスプレイは8インチとなっていました。

単純に8インチと10.25インチでは大きさが違い過ぎて驚きます、元々8インチでもそこまで見辛いということはないんですが、CX-9という巨体に対しては少し小さく感じていたので、10.25インチがジャストフィットしている感じもしてきました。

新世代マツダコネクトではナビ画面やカメラ画面の切り替えが非常にスムーズです。そして、何より「カメラ画質」が圧倒的に美しいので、これだけでも2021年モデルを購入する理由になると思っています。

また、動画の6分25秒では10.25インチの横幅を計測しています。
インチで測定しており、寸法は「11インチ」となっているようですね。11インチをセンチに変換すると「27.94 cm」ということで、自分の手元にあるメジャーで測ってみるとその大きさを再確認できました。

これがマツダのラージ群に搭載されるであろう「マツダコネクト」の姿なんですねぇ。はやく実物を見て弄ってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました