スポンサーリンク

マツダオランダが「2021 CX-3」を10月末から発売開始、気筒休止の他にポリメタルグレーを追加

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

オランダで2021年モデルが正式発表されました。

情報元:MAZDA CX-3 MODELJAAR 2021 VANAF NU TE BESTELLEN

情報元は、マツダオランダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2021年モデルのCX-3は10月末から25,490€で利用可能
  • 気筒休止システムを採用
  • Apple CarPlayを全車標準(ワイヤレス対応)
  • 外板色「ポリメタルグレーメタリック」を追加
  • 最上位グレード「Signature」では、ダークブラウンとホワイトの組み合わせの内装を用意

画像引用元:MAZDA CX-3 MODELJAAR 2021 VANAF NU TE BESTELLEN

オランダで2021年モデルが正式発表されました。
以前は、特別仕様車が先行発表されていましたねぇ。
チェコとオランダが「2020 CX-3」の情報を公開、両者とも「気筒休止」を採用

今回の改良の目玉は「気筒休止」と「ポリメタルグレー」の追加ですが、地味にApple CarPlay(ワイヤレス)にも対応しているところが面白いです。Apple CarPlay(ワイヤレス)に関しては、ニュースリリースには書かれておらず、マツダオランダ内のCX-3紹介ページ内に掲載されていました。

結局、CX-3にはM Hybridが搭載されないみたいですね。
欧州の環境規制が厳しくなる前にフルモデルチェンジ(新世代移行)を果たすのか、それとも、一時的に販売中止にするのか、一体どうなっていくのでしょうかねぇ。

欧州で人気のモデルなので、何かしらの秘策をマツダは用意していると予想されるので、楽しみにしたいところです。

タイトルとURLをコピーしました