スポンサーリンク

東京モーターショー(2日目)の残り写真とお礼

マツダ全般

大盛況で幕を閉じた「東京モーターショー2019」
私は2回ほど参加させて頂きました。
その2回目の残り写真とその他近状について書かせて頂きます。

東京モーターショー2019関連記事についてはこちら
東京モーターショー2019の記事まとめ

上記リンク記事を作成するため、怒涛のように現像していました。
その反動があってか、すこしRAW現像作業と距離を置きたい時期がありました。
それが解消したので、残っていた写真のなかでも良いなと思った写真を掲載します。
(本編記事と似たような写真ばかりですが…)

まずは「MX-30」です。

少しだけ珍しい位置からの撮影をしてみました。
隣のMercedesブースが少し見えますね。
例のマツダデザインのソファーと一緒に撮影したくてやってみました。
また、ローアングルからのMX-30というのは新鮮です。
サイドから伸びている銀色の部分がカッコいいですねぇ。
太眉毛でキリっとした顔つきをしています。
リアフォグの位置もスポーツカーみたいで良き。
日本での発売が楽しみです。

次に「CX-30」と「SKYACTIV-X」です。

CX-30は毎度おなじみの画角です。
マツダ車はどんな角度でもかっこよく撮れるので撮影していて楽しいですねぇ。
CX-30はシグネチャーウイングが最高に美しい造形をしています。
個人的に完成形ではないかと思ったり。
あのエッジの効いた先端部がたまりません。
「SKYACTIV-X」は文字のみです。
国内では10月30日に認可が下りた新世代エンジン。
早く乗ってみたいですねぇ。

最後に「CX-30」と「ROADSTER」のモデルカーです。

CX-30は「光の移ろい」が再現されており、かなりの完成度。
ポイントは下から光を当てることなんですが、地味に難しいですよね。
ただ、ずっと見ていたくなる美しさがあります。
ロードスターは、珍しいボディカラー「ポリメタルグレー」です。
正直、どうみてもブルーリフレックスマイカです。
個人的にはブルーリフレを買うことが出来て嬉しいですが、よりポリのヌメヌメ感が表現されるようになると嬉しいですねぇ。
両方とも購入して大満足の代物でした。

写真は以上です。
残りは当ブログに関しての「おれい」をさせて頂きます。
ここ最近、プラットフォームの移転など様々なことがありました。
ご迷惑をおかけしています。
そんな中、様々な方からメッセージを頂きました。
心温まるお言葉で感激しました。
見ていてくださる方がいるんだなぁと改めて実感しました。
個々へのご返信はしておりませんが、この場を借りてお礼申し上げます。
感謝です。

タイトルとURLをコピーしました