スポンサーリンク

2021 CX-9(メキシコ仕様)の「iPad マルチメディアエンターテイメントシステム」

マツダ関連

マツダのフラグシップSUV「CX-9」

メキシコでも2021年モデルが登場し、それには面白そうなシステムが搭載されています。

前回:マツダメキシコが「2021 CX-9」の詳細を公開、Apple CarPlay(ワイヤレス)やワイヤレス充電などの新機能を搭載

前回、マツダメキシコの公式ページで2021年モデルのCX-9が紹介されていることを知りました。

その紹介ページ内で、気になるものがありました。

画像引用元:CX-9 2021

このシステムは、2つのワイヤレスヘッドフォンと2つのiPad or ipad miniホルダーで交際されており、i Grand Touring以上のグレードから入手可能となっているそうです。

昔、アメリカでも似たようなシステムがありました。
CX-9に新「リア・シート・エンターテイメント・システム」を追加 : K-BLOG

これのiPad版ですね。
流石にiPadは別売りですが、最近発売されたiPad(2020)はなかなかお手頃の価格で購入可能となっているので、2列目にエンターテイメントを提供するには最適なのかもしれません。

個人的には自分の携帯電話を弄っている方が操作しやすそうですが。

最近のマツダは、こういった技術も力を入れています。
今は新世代への移行途中ではありますが、いつの日かマツダの電子系に関する不満が少なくなる日も遠くはないのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました