スポンサーリンク

MX-30は「女性に好まれやすい」、CX-30は「30代から40代に好まれる」

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

日本国内導入へ向けて、マツダの国内営業本部ブランド推進部主幹の方がインタビューに答えています。

情報元:マツダの新型SUV「MX-30」、1グレードでパッケージオプション制にした理由-Car Watch

情報元は「Car Watch」です。
こちらではマツダの齊藤氏が「MX-30」に関してのインタビューに答えています。

内容は以下の通り。

  • マツダはクリニック調査を実施
  • MX-30を好む人は女性層の割合が40~50%、対してCX-30は20%
  • 年齢層はCX-30が30~40代が多く、MX-30は20台も含まれていた
  • マツダ車を今まで乗ってきた人→CX-30
  • マツダを選んでこなかった人→MX-30
  • マツダとしての各モデルのポジショニングは、CX-30は「王道」、MX-30は「車よりも体験を重視する方向け」
  • グレードをなくした理由は「MX-30を望む方は自分なりにカスタマイズしたい」という要望が多かったから

以上です。
確かにMX-30のデザインは他のマツダデザイン寄りも柔らかく優しいイメージがありますので、女性の方も「良い」と思えるのかもしれません。他社でもなかなか存在しないかなり尖ったモデルではありますので、そういった「only」を求める若い世代にはかなりの人気を集めるのかもしれませんねぇ。

最近のマツダは、いわゆる「昔からのクルマ好き」ではなく、幅広い層のファンの獲得を目指していると感じています。個人的にはそういった取り組みは閉鎖的にならず、長期的な目線から見てもとても良い取り組みだと思います。スペックや速さなどだけでなく、全体的なコーディネートがマツダへの入り口を広くしていますので、今後の成長に期待できそうです。

タイトルとURLをコピーしました