スポンサーリンク

国内でMX-30(EVモデル)導入に向け、販売店に急速充電器を設置する準備中

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

はやくも国内でEVモデル導入に向けて、色々な準備を行っているようです。

情報元:【マツダ MX-30】開発当初から手が届きやすい価格のマイルドHV投入を想定…竹内都美子主査[インタビュー] | レスポンス(Response.jp)

情報元は「Response.jp」です。
こちらでは、国内向けMX-30(マイルドハイブリッド)が正式発表された際に、開発主査である竹内氏にインタビューを掲載しています。

その中にEVモデルに関する内容もありました。
内容は以下の通り。

  • 来年1月には日本でもリース販売を行う予定
  • 今のところはヨーロッパは「EVモデルのみ」
  • 販売店に急速充電器を設置予定
  • 充電インフラは現在テストを繰り返しており、最後の仕上げを行っている

国内にEVモデルを導入するにあたっての準備をしているようです。
現在は、販売店などに充電設備を設置するための最後の仕上げを行っているということで、来年1月のリース販売が開始される際には、販売店で充電設備を見かけることがあるのかもしれません。

ただ、EVモデルは一般販売の可能性も示唆しています。
国内向け「MX-30(EVモデル)」は一般販売も検討中

そうなってくると、多くの販売店に充電設備を設置しなければなりませんし、設置にもそれなりの時間がかかると思いますので、今後、どうなっていくのか注目ですねぇ。

それにしても、販売店は忙しそうです。
新世代店舗へ移行が済んだと思っても、次に充電施設の設置とお金がかかりそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました