スポンサーリンク

MX-30のエアバッグ設置場所はCX-30とほとんど変わらない

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

今回はエアバッグの設置場所についてです。

情報元:マツダ オフィシャルウェブサイト

情報元は、マツダ公式ページです。
先日、MAZDA MX-30が発表され、様々な機能などについてが説明されており、その中にエアバッグの設置場所についての画像がありました。

画像:MAZDA

MX-30にはBピラーは存在しませんが、後部座席のドア内にしっかりとBピラーに相当するものが存在しており、エアバッグも設置されています。

そして、次に「CX-30」のエアバッグ設置場所です。

画像:MAZDA

MX-30とCX-30でほとんど変わりません。
新世代商品から登場した「ニーエアバッグ」も標準装備されており、さらにフリースタイルドアという特殊な造りになっていますが、安全性能はかなり考え込まれて作っているみたいですねぇ。

MX-30のリアドアには「バーティカルレイン」と呼ぶホットスタンプ材を使用した補強部材を設置しており、側面衝突に対しても、衝突エネルギーをしっかりと受け止めてくれる構造になっているそうです。

※青部分:バーティカルレイン(補強部材)

画像:MAZDA

MX-30はただ特殊というわけでなく、しっかりと日常使いやもしもの時の安全対策が考えられたモデルだったんですねぇ。

あえてフリースタイルドアを採用したのにも、結構な苦労があったのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました