スポンサーリンク

MX-30からマツダの「クルマの売り方」が変わる、販売スケジュールの変更などを試す

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

マツダの新しい試みが凝縮された一台ですが、販売方法に関しても新しい試みを行っているようです。

情報元:「MX-30」が従来のマツダ車と決定的に違う理由 | 新車レポート | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

情報元は「東洋経済オンライン」です。
こちらには、とても興味深い内容が書かれていました。

  • MX-30では売り方が是正された
  • 販売店曰く、今までと比べて受注の前倒し期間が短くなった
  • 受注開始は2020年9月下旬→発表は10月8日、納期は11月下旬
  • 試乗車も既に配備されており、発表日から試乗が可能
  • 開発者曰く「実車を見ない商談は評判が悪かったので、新車の販売スケジュールを改めました」

MX-30の発表までの裏側にはこんなことがあって、どおりで展示車などが発表前に販売店に到着していたんですねぇ。発表前に展示されていたのは販売店の判断だったのでしょう。

発表前の予約販売というのは顧客視点ではあまり良い物ではありませんし、販売店にとっても説明が大変そうでしたので、この新しい販売方法はとってもいいですね。今まではクローズドにやらないといけないものも、これならば堂々とオープンに宣伝することもできますし。

MX-30からマツダの様々なことが変わっていきそうです。
従来のマツダのイメージを脱却し、マツダに興味のなかった新たな客層を獲得できるチャンスですので、ここで是非とも成功を収めてほしいですねぇ。

これが成功すれば、マツダの夢「SKYACTIV-R」の実現に向けて一歩前進できるはずですので、応援したいです。

タイトルとURLをコピーしました