スポンサーリンク

iPhone 12 Proでは「Apple ProRAW」という独自機能を採用、2020年末にソフトウェアアップデートで実装

デジタル

昨夜発表された「iPhone 12」シリーズ

Pro以上の端末ではApple独自の「Apple ProRAW」で撮影した写真を保存、編集することが出来るそうです。

情報元:iPhone 12 Pro と 12 Pro Max – 仕様 – Apple(日本)

情報元は、Appleの公式ページです。
こちらには、iPhone 12 Pro と iPhone 12 Pro Maxの仕様が詳細に書かれています。

そこで気になったのが「Apple ProRAW」に対応していることです。
この機能を調べてみた結果は以下の通り

  • Apple のマルチフレーム画像処理とコンピューテーショナルフォトグラフィをRAW形式の多用途性と組み合わせたもの
  • 2020年末から利用可能(ソフトウェアアップデート)
  • iPhone上のアプリで編集が可能
  • Adobeやサードパーティ製ソフトにも対応

これは地味にすごい新機能ですね。
要は「iPhoneでRAW撮影及び現像が出来る」ということですね。それでいて超広角&5倍ズームレンズが搭載されているということなので、これで本当にiPhone一台で事足りてしまいそうですねぇ。RAW現像は使い方さえ分かってしまえば、写真撮影に無限の可能性を感じさせてくれる最高の機能です、

一眼カメラやデジカメなどは今後厳しい闘いになりそうです。

私的には超望遠などの特殊環境下での撮影があったり、なんだかんだでまだまだ一眼カメラで撮影した方が自分の望む画角で撮れたりするので、正直、まだ待ちなのかもしれません。

ただ、iPhone一台で全てを済ませたいという方には最高の機能ですね。

タイトルとURLをコピーしました