スロバキアの「2020 MAZDA2」とチェコの「30周年記念MX-5」

スポンサードリンク

今年、デミオはMAZDA2に生まれ変わり、ロードスターは30周年を迎えました。
そんな2車種についてです。

まず初めに「2020 MAZDA2」です。
イギリスやポーランドなどでは既にホームページ上に登場していました。
それに続き、スロバキアでも「2020 MAZDA2」が公開されています。

Mazda2

基本的にはイギリスなどと同じようです。
M hybridという単語は紹介されていますが、どういった構成なのかは詳しく書かれておらず、またパンフレットも公開されていません。
唯一詳細がわかるのがコンフィグレーターでした。

画像引用元:Konfigurátor vozidla Mazda | Mazda [Country Code]

ボディカラーバリエーションは11種類。
クリムゾンレッドはありませんでした。
そういえば、日本仕様のポリメタルグレーはどの段階で投入されるのでしょうか?
気になりますね。
あと、欧州では11月に実車が販売店に到着するそうで。
実際にドイツのクルマ販売店は情報掲載をしていました。

Mazda 2 Kleinwagen in Weiß als Neuwagen in Köln für € 11.990,-

写真は掲載されていませんが、「M Hybrid」の記載があります。
MAZDA2とハイブリッドの組合せは乗り味が気になりますねぇ。
近いうちに動画なども投稿されるかもしれません。

続いてチェコの「30周年記念MX-5」です。
上記のMAZDA2について調べていた際に、たまたま見つけました。

Mazda Ihned – vozy Mazda ihned k odběru

画像引用元:Mazda Ihned – vozy Mazda ihned k odběru

日本などでは厳正なる抽選で購入権を獲得できました。
かなり凄い倍率だったそうですね。
そんな30周年記念車がこうして掲載されているのは新鮮です。
それにしても「レーシングオレンジ」は鮮やかで気持ちいいですね。
販売価格が859 400 Kč(約407万円)するそうで、値引き額もかかれています。
30周年記念でも18万ぐらい値引きされるんですね。

以上です。
改良されたMAZDA2はメキシコで公開されてますし、タイでも目撃されています。
まもなく本格始動するのでしょう。
フルモデルチェンジがいつになるか楽しみです。
MX-5は、2020年型がまもなく登場しますね。
キーデザイン変更やポリメタルグレーの追加など色々な改良が施されます。
欧州での正式発表が楽しみです。