北米マツダ、販売店の新世代改装が100店舗を達成

スポンサードリンク

マツダの新世代が幕を開けました。
北米マツダでも販売変革が行われています。

情報元:Mazda North America Celebrates 100th Open-Concept Dealership | Inside Mazda

情報元は、北米マツダのニュースリリースです。
北米では5年前から「Retail Evolution program」を実施し、275の販売店を改装しようと取り組んでいました。
そして今回、ヒューストンにある「Jeff Haas Mazda」で100店舗を達成したそうです。

情報元:Mazda North America Celebrates 100th Open-Concept Dealership | Inside Mazda

北米の販売店は本当に大きいですねぇ。
日本ではこじんまりとした店舗が多いので、一度は行ってみたいです。
それと黒単色というわけではなく、外装に白を使用したり、内装では明るい色合いに仕上げられており、日本の新世代店舗とは雰囲気が全く違います。
日本のは美術館のような特別感を味わうことができますが、個人的にはこういった明るい店舗の方が落ち着くので良いですねぇ。
どちらにせよ、マツダの車両デザインと店舗が釣り合ってきましたね。
あとは「人」が重要となっていきそうです。
決算説明会でも「人」の教育を行うと言っていたので期待したいですね。

シェアする

Instagramなどのアカウント

スポンサードリンク