スポンサーリンク

MX-30の装備差で生じる外内装をよく見てみる

マツダ関連

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

国内でも販売されよく見かけるようになりました。
今回はオプションの有無で生じる外内装の差についてです。

情報元はInstagramです。
東京マツダ販売さんがとても興味深い投稿をしています。

展示車が「1トーン」と「3トーン」の2種類が用意されています。

「1トーン」ではいわゆるベースの装備内容となっており、黒×灰のファブリックシートやDピラーには黒色の樹脂がはめ込まれています。

「3トーン」は上位グレード的な装備内容で、合成皮革シートやDピラーに「MAZDAプレート」が装備されています。

こうして比較してみると結構違うんですよね。
ただ、ベースであったとしても決して「安っぽさ」というものが全くなく、これだけでもとても満足できる見て目になっているのが素晴らしいですよね。

それと、こうした情報発信してくれる販売店さんは珍しい。

タイトルとURLをコピーしました