初代ロードスターが「2019日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定

スポンサードリンク

マツダの人気オープンカー「ロードスター」
その初代ロードスター(正式名:ユーノス ロードスター)が「日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定されました。

情報元:【MAZDA】初代「マツダ ロードスター」が「2019日本自動車殿堂 歴史遺産車」に選定|ニュースリリース

情報元は、マツダニュースリリースです。
特定非営利活動法人 日本自動車殿堂が主催している「日本自動車殿堂 歴史遺産車」とは、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定し、伝承していくというものです。
マツダとしては2003年のコスモスポーツに続いて2回目だそうです。

画像:MAZDA

1989年に登場してから30年、初代ロードスターは世界全国で人気を博して累計生産台数100万台数を超えています。さらには、「2人乗り小型オープンスポーツカー」生産累計世界一のギネス世界記録など、様々賞を受賞しています。

そんな初代ロードスターが、日本の自動車の歴史に貢献して殿堂入りとなりました。
本当にロードスターは愛されていますねぇ。
マツダを象徴する車になりました。
今度もどのように歩んでいくのか楽しみです。