スポンサーリンク

マツダ中国が2020年10月の販売台数を発表、MAZDA3が好調

マツダ関連

2020年11月05日、中国マツダが10月の新車販売台数を発表しました。

情報元:新闻中心 | ​马自达2020年10月中国市场销量约2.0万台-马自达中国

情報元は、中国マツダのニュースリリースです。
こちらに2020年10月におけるマツダブランドの販売実績が公開されています。

2020年10月の販売台数は、19,681台
▼一汽マツダ
5,076台
▼長安マツダ
14,605台

2020年1月~10月の販売台数は、173,010台
▼一汽マツダ
63,883台
▼長安マツダ
109,127台

[主要モデルの2020年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 2020年
1月~10月
MAZDA6 3,699 660 2,582 3,095 4,021 14,057
CX-4 3,840 593 2,732 3,976 6,259 6,149 4,813 3,293 3,952 3,125 38,732
MAZDA3 10,698 959 5,669 6,844 8,545 6,933 6,329 7,268 8,645 9,257 71,147
CX-5 2,648 212 1,927 3,113 3,682 3,585 2,835 3,044 3,269 3,115 27,430

中国での10月は前月比5.93%減少、前年比では1.01%減少、今年度累計では前年比4.74%の減少となっています。

前月比では減少していますが、それでもMAZDA3などは順調な売れ行きとなっているようです。中国って本当にセダンモデルが人気なんですねぇ。SKYACTIV-Xも投入されたこともあり、中国ではどれくらいの比率で選ばれているのかが気になります。

それとMAZDA6とCX-8の販売台数は全く音沙汰なくなりました。CX-8の販売台数は非常に少ないため表記されないと中国メディアの記事でみたことがありますが、MAZDA6もそれと同じ理由なのでしょうか?

どちらにせよ、マツダにとっては中国市場は重要な市場のひとつですので、今後も注目していきたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました