スポンサーリンク

「iPhone 12 mini 用純正レザーケース(バルティックブルー)」を購入しました

デジタル

Appleの2020年秋最新モデル「iPhone 12シリーズ」

miniを手に入れたので、純正レザーケースを購入しました。

前回:「iPhone 12 mini(ブルー)」を購入しました

前回、発売日当日に手入れた「iPhone 12 mini(ブルー)」についてを書きました。軽くて小さいという私にとって理想的なモデルで大変満足しています。

最初は裸のまま使用しようと思っていたんですが、色々なレビューサイトを見ていると純正レザーケースの「手触りが良く薄い」と評価していたので試しに購入してみました。

このレザーケース、本当はiPhone 12 miniを予約した日に購入しようと思っていましたが、ちょっと出遅れたらヨドバシ,comではお目当ての「バルティックブルー」は販売休止になってしまっていました。しょうがないから諦めていたんですが、iPhone 12 miniを受け取りに行った当日、一応念のために売り場に行って確認してみると普通に置いてありました。
まさか購入できるとは…。

さて「純正レザーケース(バルティックブルー)」についてです。
レザーケースの箱は、iPhoneの箱の約半分でした。

iPhone本体の箱と合わせて丁度以前のモデルの箱と同じくらいのサイズになりそうですね。それだけiPhone本体の箱は薄くなったんですねぇ。

さてレザーケース本体です。

カラーは本体背面ではなく、本体側面に似た渋い色合いとなっています。紺色かネイビーブルーといったところでしょうか、非常に落ち着いた色合いで気に入っています。

昔、iPhone7?か何かを使用していた時にも純正レザーケースを使用していました。その時も手触りが良かったんですけど、かなり分厚くなっていたのがちょっと不満に思っていました。

今回のレザーケースは「薄くて軽い」んです。

数字上は22gとなっていますが、実際に持ってみると軽いんです。それでいてレザーの手触りがさらさらしており、ずっと撫でていたくなる質感になっています。

装着してみるとこんな感じ。

今回のレザーケースは非常に薄く、装着した際に「分厚くなったなぁ」とはあまり感じませんでした。気持ち少しだけ幅が増えたように感じますが、私個人としては許容範囲でした。

ケースを付けた際の総重量は以下の通り。

150gを少し上回っています。
それでもiPhone Xと比べると軽いので、全然問題なし。純正だけあってフィット感も素晴らしく、スイッチ部分の質感も妥協していないので満足感が高い仕上がりとなっています。

こちらの商品の欠点は「iPhoneが立たなくなる」です。
iPhone 12シリーズは、角ばったデザインのおかげで自立することが可能となっているんですが、このケースを取り付けると自立しなくなります。

ちなみに「iPhone 12 mini」は、iOS14.2ではありませんでした。アップデートしようと思ったらモバイル回線で更新してしまい、データ量がググンと上昇したのはちょっと悲しかったです。

このレザーケースのお値段はそれなりにしますが、かなり満足感の高い商品となっていました。Appleの純正品って結構こだわっているので買ってしまうんですよねぇ。

タイトルとURLをコピーしました