スポンサーリンク

マツダUSAが「2021 CX-3」紹介ページを公開、ポリメタルグレーは採用されず

マツダ関連

マツダのコンパクトSUV「CX-3」

マツダUSAが2021年モデルの紹介ページを公開しました。

情報元:2021 Mazda CX-3 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

情報元は、マツダUSA公式ページです。
いつの間にかCX-3のページが2021年モデルに更新されていました。

グレードは「SPORT」のみとなっており、ボディカラーには新色「ポリメタルグレーメタリック」がラインナップされていませんでした。

画像引用元:2021 Mazda CX-3 Subcompact Crossover – Compact SUV | Mazda USA

ラインナップされているカラーは以下の通り。

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • マシーングレーメタリック
  • セラミックメタリック
  • ディープクリスタルブルーマイカ
  • エターナルブルーマイカ
  • ジェットブラックマイカ

他のモデルで採用されている「ポリメタルグレー」は存在せず、内装色に関しても「Black Cloth」のみとなっています。

エンジンは「SKYACTIV-G 2.0(148HP)」のみ。
装備内容はMRCCなどの快適装備が標準装備されており、単一グレード構成でありながらも非常に豪華な内容となっています。ただし、マツダコネクトは初代を搭載しています。

アメリカではコンパクトSUVの需要が少ないのか、マツダはCX-3では「選択と集中」をより顕著に実施している印象を受けます。CX-3の主戦場は欧州なのでそこまでの痛手というわけではなさそうですし、日本では1.5Lガソリンエンジンや特別仕様車などを相次いで投入するなど、積極的な動きがあるのでまだまだCX-3の未来はありそうです。

今後、CX-3をどのような方向性に持っていくのかが非常に気になりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました