スポンサーリンク

「2020 CX-9」の実車写真と9インチセンターディスプレイ

マツダ全般

マツダのフルサイズSUV「CX-9」
北米で2020年モデルが発表されました。
今回はその「2020 CX-9」の実物写真とセンターディスプレイについてです。

情報元:2020 Mazda CX-9 Touring for sale in City of Industry, CA

情報元は、「autoblog」内の販売店ページです。
こちらに2020 CX-9の写真が掲載されていました。

画像引用元:2020 Mazda CX-9 Touring for sale in City of Industry, CA

外装デザインに変更はないのでわかりにくいですが、リアオーナメントをよくみると新マツダフォントになっていますね。
2020年型で気になるといったら「9インチ」センターディスプレイです。
どれだけ大きくなったのかですよね。
CX-9ではTouringトリム以上に標準搭載されています。
(sportsトリムは7インチ)

画像引用元:2020 Mazda CX-9 Touring for sale in City of Industry, CA

第一印象は「大きい…!」でした。
9インチタブレットが設置されているかの如くですね。
これはなかなかの迫力です。
ただ、CX-9ぐらいのサイズにはこれくらいのインチは必要だと思います。
個人的には10インチワイドでもいいのではないかと思っています。
この9インチセンターディスプレイが日本にも登場すると良いですね。
あと、リアカメラの画質は変わっていないようです。

他にも変更されたのが2列目シートのドリンクホルダーです。

画像引用元:2020 Mazda CX-9 Touring for sale in City of Industry, CA

中央部分のエアコン操作パネルの下にドリンクホルダーが設置されました。
これは地味に便利ですよね。
今まではドアのホルダーのみでしたが、こちらならばとりやすそう。
それにエアコンの風が当たって飲み物を冷やしたり温めたりもできますし。
地味ながらも、良い改良。

やっと実物写真が見れて満足です。
後はCX-5の8インチですね。
ただ、これはCX-8で実物をみているので、CX-5での設置感がどうなのかが気になるところです。
そして、現行世代への新世代マツダコネクト対応も気になります。
出来るのか、やろうとしてるのか。
それともフルモデルチェンジまで持ち越しなのか。
一体どうなるのでしょうか。
気になります。

タイトルとURLをコピーしました