スポンサーリンク

日本国内でも「2030年半ばから新車販売全てに電動化」へ

マツダ関連

日本でも動きがありました。

経済産業省が「2030年半から新車販売全てに電動化」を目標にする方向で調整していることが判明しています。

情報元:“脱ガソリン” 2030年代半ばに新車販売すべて「電動車」へ | 環境 | NHKニュース

情報元は「NHKニュース」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 経済産業省が2030年代半ばに国内の新車をすべてをハイブリッド車や電気自動車などにする目標を設ける方向で調整している
  • 関係者曰く「2020年半ばに電動化を100%にする」
  • 「ガソリンエンジンのみをゼロ」にする

遂に日本でも明確な目標が登場しました。
欧州などが先陣を切っていましたが、これで日本でもピュアなガソリンエンジン搭載モデルの新車販売は無くなってしまうんですねぇ。少し寂しさもありますが、マツダ「M Hybrid」のような内燃機関の走りを十分に味わえるものなども電動化されています。また、記事の書き方が「ガソリンエンジンのみ」となっていますが、ディーゼルエンジンはどうなるのかも気になります。

これでマツダの戦略上、どう変わっていくのか。
今後が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました