スポンサーリンク

海外でマツダにOEM受給される「ヤリス」の想像図が作成される

マツダ関連

トヨタのコンパクトカー「ヤリス」

今後2年間の間に欧州でマツダにOEM受給されるということで、海外では想像図が登場しています。

情報元:Toyota Yaris to spawn hybrid Mazda 2 replacement for Europe – report | CarAdvice

情報元は「CarAdvice」です。
こちらでは、マツダの決算発表にあったOEM受給される「ヤリスHV」についてが書かれており、同時にそのモデルの想像図が掲載されています。

情報元:Toyota Yaris to spawn hybrid Mazda 2 replacement for Europe – report | CarAdvice

MAZDA3 HATCHBACKのフロントフェイスをMAZDA2の車体にはめ込み、リアサイドのデザインがヤリスのようなふっくらしたデザインに変更されています。

現行のMAZDA2では既に第7世代デザインが取り入れられており、そこからさらに第7世代に近づくにはヘッドライトのスリム化が必須となりますが、上記画像のようにどこまで細くできるのかがポイントとなってきそうです。

北米ではMAZDA2のボディそのままに「iA」としてOEMしていたという過去があるので、欧州で登場するモデルもフロントデザインだけがマツダデザインになりそうですねぇ。新型BT-50ではかなり作り込んだモデルになっていたので期待できそうです。

個人的に妄想しているんですが、このモデルが「MAZDA2」という名前で登場するのかどうかが非常に怪しいような気がします。藤原副社長はMAZDA2とヤリスHVは共存できると発言していただけに、どういった戦略で行くのか非常に気になりますねぇ。

マツダ藤原副社長「MAZDA2とヤリスHV(OEM)は両立できるのではないか」

なんにせよ、欧州におけるマツダの救世主となりそうなので登場が楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました