スポンサーリンク

マツダが「RX-7」のサービスパーツの再供給開始を発表、2台目は30点、3台目は60点の復刻パーツが2021年2月までに販売開始

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの往年のスポーツカー「RX-7」

この度、供給終了となっている2台目3代目のサービスパーツを再供給することが発表されました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、「RX-7」のサービスパーツの再供給を開始|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • ロータリーエンジンを取り扱う整備会社とコミュニケーションを通して復刻を実現
  • パーツは「特にニーズの高いサービスパーツ」のみ
  • 2台目は30点、3代目は61点の復刻パーツを2021年2月までに販売開始
  • それに伴い、「MAZDA CLASSIC」ホームページを更新

「MAZDA CLASSIC」ホームページはこちら
マツダ|CLASSIC MAZDA|オーナー/カーライフ

マツダの「RX-7」でも復刻パーツが再供給されるようです。
人気の高い「RX」シリーズでも特に街で見かける「RX-7」なので、かなり需要が高そうな感じがしますねぇ。「MAZDA CLASSIC」ホームページ内にパーツの詳細などが掲載されており、ヘッドライトやエアクリーナーなど、確かに需要が高そうなパーツがラインナップされています。

マツダとしても、しばらくの間は純粋なロータリースポーツ車を投入することが出来ない以上、こうして昔の車両をサポートしていくことはファンをつなぎ留めておくことにもなる重要な要素のひとつとなりそうです。

タイトルとURLをコピーしました