スポンサーリンク

「2019年商品改良ロードスター」のアクセサリーをみてみる。

マツダ全般

マツダの人気オープンカー「ロードスター」
2019年11月に商品改良が施されました。
今回は、そのロードスターのアクセサリを見てみます。

2019年11月、マツダはロードスターの商品改良を発表しました。
マツダ、「2019年商品改良ロードスター」を正式発表

ポリメタルグレーの追加やキーデザインの変更などなど、素晴らしい改良が施されました。
アクセサリも何か変化がないか見てみましょう。
まずは、アクセサリカタログのデザインから。

画像引用元:roadster_1911.pdf

新フォントと新世代なデザインでお洒落になりました。
最近のマツダは、本当に落ち着いたデザインになりました。
初めは物足りなさを感じていましたが、徐々に慣れて今ではこちらのほうが良いと感じます。
慣れって不思議。

次に、他にも新マツダフォントに切り替わったものを見てみます。

画像引用元:MAZDA ROADSTER|アクセサリー – エアロパーツなど多彩なカスタマイズアイテム|マツダ

リアオーナメントの他に、フロアマットやウインドブロッカーなどのロゴマークも全て新マツダフォント「Mazda Type」に変更されていました。
特にウインドブロッカーが非常にカッコいいですねぇ。
控えめながらも上質な雰囲気を醸し出しています。

次に「ETC」です。
いつのまにか、蓋がついていたんですねぇ。

画像引用元:MAZDA ROADSTER|アクセサリー – エアロパーツなど多彩なカスタマイズアイテム|マツダ

地味な部分ではありますが、ETCも一応は精密機器なので蓋があった方がいいですよね。
こんなのあったのは初めて知りました。

次にキーデザインです。
今回の商品改良で新世代デザインに変更されました。

画像引用元:MAZDA ROADSTER|アクセサリー – エアロパーツなど多彩なカスタマイズアイテム|マツダ

CX-5やCX-8とは違い、ポリメタルグレーが設定されています。
ボディカラーに合わせたラインナップですが、キーだけポリメタルグレーにしたいという人もいそうな気がするので、車種によって区別しなくても良いような気がします。

他にも、フロントピラーガーニッシュ(ブラントシルバー)など充実したアクセサリがロードスターに存在し、充実しています。
最近では、海外だけのものだったのが国内に設定されたりと良いですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました