スポンサーリンク

海外では既存車に対する「SKYACTIV-X ソフトウェア更新」は行われない?

マツダ全般

マツダが発表した「SPIRIT1.1」

日本国内の既存車に対するSKYACTIV-Xのソフトウェア更新が検討されていますが、海外ではどうなるのかについてです。

情報元:Skyactiv X 2021 update | Mazda CX‌-30 Forum

情報元は「CX-30 TALK.com」です。
こちらは海外のCX-30フォーラムとなっており、2021年モデルのSKYACTIV-Xに関する話題が書かれているんですが、そこに気になる内容が掲載されていました。

  • マツダUKに「SKYACTIV-X搭載の既存車にソフトウェア更新は行わるのか」を確認した
  • マツダUKの回答は「2021年モデルにおけるSKYACTIV-X改良は認識しているが、既存車に対するソフトウェア更新は不可能」
  • 理由は「現在の出力/トルクレベルでタイプ承認されており、エンジン出力の変更も車両の排出ガスに影響します。車両の型式承認後のアップグレードすると、車両に関連する必須の認証が無効になり、車両の寿命の後半でさらにコンプライアンスの問題が発生する可能性があります」

どうやらイギリスでは「SKYACTIV-X」のソフトウェアアップデートは行えないことが確認されたようです。欧州では排ガス規制などの問題もあることから、こういったソフトウェア更新を行うと全ての数字が変わってしまってダメみたいですねぇ。

こうなると、単純に2021年モデルに買い換える必要があるようです。

日本でもまだ「検討中」という段階だけに今後の展開が注目ですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました