スポンサーリンク

マツダオランダが「2021 MAZDA6」と「2021 MX-5」を正式発表、ディーゼルエンジンモデルがなくなる

マツダ関連

マツダの2車種「MAZDA6 & MX-5」

2021年モデルが同時に発表されていました。

情報元:UPDATES VOOR MAZDA6 EN MX-5

情報元は、マツダオランダのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • MAZDA6のディーゼルエンジンが廃止
  • SKYACTIV-G 145も廃止(165と194は引き続き利用可能)
  • Mazda6 Skyactiv-G165の6ATを標準で追加費用なし
  • Mazda6に「Apple CarPlay(ワイヤレス)」を標準装備
  • 新色「ポリメタルグレー」を追加
  • MX-5に新しいシグネチャーとSportiveバージョンを追加
  • MX-5には外板色「ポリメタルグレー」と「ディープクリスタルブルー」を追加
  • 3月に販売店に到着予定

オランダでも2021年モデルの「MAZDA6」と「MX-5(日本名:ロードスター)」が登場しました。欧州各国と同じでディーゼルエンジンが廃止されたり、Apple CarPlay(ワイヤレス)が追加されたりといった内容になっています。

ディーゼルエンジンに関しては、今後の新世代移行までは我慢という形となりますが、これがマツダの売上にどう影響するのかが注目ですねぇ。欧州ではディーゼルエンジンは下火になっているという話も聞いていますし、罰金を払わなければいけなくなる状況になるのなら、むしろプラスに働くかもしれませんし。

2021年にはどんな新世代が登場するのか。
楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました