スポンサーリンク

スペインでも「2021 CX-30」の詳細が発表される、ディーゼル廃止でSKYACTIV-Xが186馬力に

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

スペインでも2021年モデルが公開されました。

情報元:El Mazda CX-30 estrena la gama 2021 con nuevos motores, ¡y ya sabemos sus precios! – Motor.es

情報元は「Motor.es」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • ディーゼルエンジン廃止
  • SKYACTIV-Xの出力向上で「186hp」に
  • SKYACTIV-Gは122hpと150hpの2種類が設定される
  • 全モデル「M Hybrid」搭載
  • 内装色「ブラック」が追加される
  • まもなく販売店に到着予定

マツダスペインのニュースリリースにはまだありませんが、メディアがいち早く2021年モデルのCX-30についてを報じています。

他の欧州各国と同じように「ディーゼルエンジン」が廃止されています。どうやらマツダは欧州では「SKYACTIV-D 2.2」のみを残して他は販売停止してしまうようですねぇ。もうすぐ新世代ディーゼルエンジンが登場予定なので、ラインナップの大幅整理を行う丁度良い機会なのかもしれません。

他には内装色「ブラック」が追加されています。
茶色内装も存在しているようですが、欧州では「ブルー」の人気はあまりなかったのかもしれませんね。

欧州では本格的に2021年モデルが登場しています。
まだMAZDA2に関しては2021年モデルが登場していませんので、これは新世代移行への布石なのかどうか、期待してしまいますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました