スポンサーリンク

オーストラリアでMX-30の「M Hybrid」は4月で「EV」は7月に発売予定、REレンジエクステンダーEVも利用可能になり次第提供

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第3弾「MX-30」

オーストラリアではマイルドハイブリッドモデルとEVモデルの具体的な発売時期が明らかになってきました。

情報元:The return of rotary! 2022 Mazda MX-30 range-extender set for Australia as new SUV looks to take down Hyundai Kona Electric and MG ZS EV – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 2021 CX-9と2021 Mx-5の発表時、マツダオーストラリアのVinesh Bhindi氏が「MX-30 ロータリーエンジンレンジエクステンダーEV」を投入すると述べた
  • 氏曰く「いつになるかはわからないが、利用可能になればすぐに」
  • マイルドハイブリッドモデルは4月、EVモデルは7月に投入予定
  • オーストラリアでEVモデルは「最初はニッチな商品になる」

オーストラリアでもMX-30の様々なモデルの投入時期についての発言だが出てきているようです。まずは「マイルドハイブリッドモデル」が4月に発売され、その後に「EVモデル」が7月に登場するということで、オーストラリアでも「MX-30」の本格的投入が進んでいるみたいですね。

また、ロータリーエンジンレンジエクステンダーEV搭載モデルについてもマツダオーストラリアの方が発言しており、オーストラリアに投入するのは確実のようです。

まだまだ謎が多い「ロータリーエンジンレンジエクステンダーEV」ですが、どのくらいの航続距離になるのかというのが非常に気になりますね。マツダとしてはEVモデルの2倍を目標としているようですが、実現できるのかどうかが今後のマツダ人気に左右しそうな気がします。他のモデルにも展開するようですし、マツダの象徴でもある「ロータリーエンジン」ですので、期待が高まりますねぇ。

タイトルとURLをコピーしました