スポンサーリンク

【サービスキャンペーン】MAZDA3,CX-30のパワーリフトゲートやエアコン、ボーズサウンドシステムなどで不具合が起こる恐れ

マツダ全般

本日、マツダ株式会社が「MAZDA3」と「CX-30」のサービスキャンペーンを国土交通省に届け出ました。

情報元:MAZDA3、CX-30のサービスキャンペーンについて|リコール・サービスキャンペーン等情報

情報元は、マツダ公式ページです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

 

■サービスキャンペーン開始日

令和3年2月19日

■不具合の内容

  1. 車両制御コンピュータにおいて、ランプ消し忘れ防止チャイムの設定が不適切なため、車幅灯や尾灯等の消し忘れを認識しにくいことがあります。また、通信制御プログラムが不適切なため、パワーリアゲートを開ける操作を行うと、省電力モードに移行しないことがあります。そのため、電流が流れ続けてバッテリーが上がるおそれがあります。
  2. オートエアコン仕様車の空調制御コンピュータにおいて、制御プログラムが不適切なため、プッシュスタートボタンを押して電源ポジションをオフにした直後、非常点滅灯(ハザードランプ)スイッチをオフにする操作を行うと、省電力モードに移行しないことがあります。そのため、電流が流れ続けてバッテリーが上がるおそれがあります。
  3. パワーリアゲート仕様車の車両制御コンピュータにおいて、制御プログラムが不適切なため、用品のバーグラアラームを装着した場合、リアゲートの開閉状態を認識できないことがあります。そのため、リアゲートを開ける操作をすると、バーグラアラームが誤作動するおそれがあります。
  4. ボーズサウンドシステム仕様車のオーディオアンプにおいて、制御プログラムが不適切なため、音声信号が乱れることがあります。そのため、スピーカーから雑音が発生し、プッシュスタートボタンを押して電源ポジションをオフにしても鳴り続けるおそれがあります。

■改善内容

  1. 全車両、車両制御コンピュータの制御プログラムを対策プログラムに修正します。
  2. 全車両、空調制御コンピュータの制御プログラムを対策プログラムに修正します。
  3. 全車両、車両制御コンピュータの制御プログラムを対策プログラムに修正します。
  4. 全車両、オーディオアンプの制御プログラムを対策プログラムに修正します。

■対象車両
「MAZDA3」と「CX-30」
※詳細は情報元参照

様々な制御プログラム不良により、色々な箇所で不具合が発生していしまっているようです。エアコンの制御でのバッテリー上がりやボーズサウンドシステムに関しては、海外でも似たような事象が発生しており、TSBなどが発行したような気がしますので、日本でもそれら不具合が改善されたのかもしれません。

上記内容の不具合が発生している方は、出来る限り早くマツダ車販売店で修理してもらった方がよさそうですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました