スポンサーリンク

マツダが既存車向け商品性向上を目的とした制御プログラム更新サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE」を発表

マツダ全般

本日、マツダ株式会社が既存モデルを所有しているオーナーに対しての商品性向上を目的とした「制御プログラムなどの最新化サービス」を開始することを発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス開始|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 既存モデルにお乗りいただいているお客さまを対象に、保有車両の商品性向上を目的とした制御プログラムなどの最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE(マツダ スピリット アップグレード)」を本日より開始
  • 第1弾は「MAZDA3」「CX-30」が対象
  • 内容は「SKYACTIV-X」「CTS」「MRCC」の制御プログラムを更新

更新内容の詳細は以下の通り

  1. 新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」とATトランスミッション制御プログラム (2019年11月8日~2020年11月27日生産のe-SKYACTIV X搭載車対象)素早いアクセル操作に対する応答性とコントロール性が向上し、高回転まで気持ちよく伸びるドライビングフィールが進化し、マツダが目指す人馬一体の走りにさらなる磨きがかかります
  2. クルージング&トラフィック・サポート(CTS)の制御プログラム (2019年4月2日~2020年12月1日生産のCTS装着車対象)
    作動上限車速を約55km/hから高速域まで引き上げ、高速道路や自動車専用道路の渋滞時等に運転疲労の軽減をサポートします
  3. マツダ・レーダー・クルーズコントロール(MRCC)の制御プログラム (2019年3月5日~2020年8月28日生産の全車対象)
    追従走行における加減速制御を、より人間特性に合わせより滑らかにします。

以前から話があった「既存モデルを対象としたソフトウェア更新サービス」が正式発表されました。

まずは「MAZDA3」と「CX-30」が対象となっています。
SKYACTIV-X以外にも「CTS」や「MRCC」などのソフトウェア更新も行われるのが素晴らしいですねぇ。マツダは既存車オーナーに対しても誠意を見せてくれていますねぇ。

ディーゼルエンジンに関しての記述がないことを考えると、第2弾辺りでCX-5などに範囲を拡大しての発表となるのかもしれません。一気にやってしまっては販売店でさばききれませんもんね。

2020年商品改良MAZDA3の「ディーゼルエンジン」も有償で既存車向けアップデートを予定

順次、オーナーには案内が届くようなので、これはオーナーさんもワクワクしそうです。

タイトルとURLをコピーしました