スポンサーリンク

マツダのソフトウェア更新サービスは今後「有償」で行う方針

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの既存車向け更新サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE」

今後については「有償」でサービスを行っていくそうです。

情報元:お乗りのマツダ、最新性能に マツダ3とCX―30、制御ソフトなど無償更新へ | 中国新聞

情報元は「中國新聞」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 「MAZDA3」「CX-30」の初期型に対して無償のソフトウェア更新を行う
  • 2020年商品改良モデルと同等の性能を発揮することが出来る
  • MAZDA3移行、インターネットを通じて走行データを収集可能
  • 今後、商品改良で性能を高めた場合に「有償」でサービスを行う方針

マツダ新サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE」が登場しました。第1弾となる「MAZDA3」と「CX-30」に関しては無償でサービスを実施するようですが、今後の更新サービスに関しては「有償」となっていくみたいですね。第1弾の無償だけでも太っ腹なのにマツダ凄い。

CX-5やCX-8なども商品改良されて出力向上などが行われていますので、それらが有償という形となりそうですが、価格面などが気になるところです。それと、エンジン出力などだけでなく、快適装備(MRCCやCTS)などの機能強化なども実施されているので、既存オーナーにとっては「マツダ車乗っててよかった」と思えますねぇ。

ただ、このサービスは本当に素晴らしいです。
買い換えるタイミングを気にしなくても良いですし、中古車価格もある一定の価格を保てそうなので、マツダ車の価値はググンと上がってきそうです。

タイトルとURLをコピーしました