スポンサーリンク

マツダタイが2020年の総販売台数を発表、CX-8が絶好調

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダタイが、2020年の総販売台数を発表しました。

情報元:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

情報元は、マツダタイのニュースリリースです。
こちらでは、タイ市場の2020年全モデル販売台数と2019年との比較の数字が掲載されていました。

表を日本語に訳してみると以下の通り。

2019年 2020年 割合
MAZDA2 41,987 21,789 -48%
MAZDA3 4,717 3,041 -36%
CX-3 1,971 2,229 +7%
CX-30 5,725 n/a
CX-5 3,020 1,623 -46%
CX-8 745 2,139 +187%
BT-50 PRO 5,664 2,711 -52%
MX-5 25 9 -64%
合計 58,129 39,266 -32%

タイでは当初、2020年の販売目標は50,000台を目標としていたようですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で販売目標を45,000台に変更したそうです。最終的には「39,266台」という結果となりました。

車種別割合は24,839台が乗用車、11,716台がSUV、2,711台がピックアップトラックとなっており、市場シェアは「5%」となっていました。

2021年の販売目標を50,000台、または30%以上増加させ、市場シェアの6%を目指すそうです。直近では、新型「BT-50」が新モデルとして発売され、さらに「オンラインマーケティング戦略」に力を入れるそうです。新しいリペア工場の新設なども積極的に行っているので、これからタイでかなりの攻勢に打って出る雰囲気がプンプンします。

これは楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました