スポンサーリンク

2020年冬商品改良「CX-8」で変更されたデザインの新旧比較

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの3列シートSUV「CX-8」

2020年冬商品改良で一部グレードのデザインが変更されましたが、それらをわかりやすく比較してくれていました。

情報元はInstagramです。
東京マツダ販売足立営業所さんが複数の画像を投稿しています。

変更された「フロントグリル」「フロントバンパー下部」「シートデザイン」「ダッシュボード」「ホイール」を比較してくれています。

こうしてみると、結構変更されているんですよねぇ。
個人的に一番印象深いのが「フロントグリル」のデザインです。MAZDA6のようなブロックデザインに変更されているんですが、よりCX-5に近づいたなぁという印象がありました。その理由としては、北米モデルではこのフロントグリルは「CX-5」に採用されているんですよね。なので、ちょっとこんがらがったりします。日本ではCX-5には採用されていないので、見間違える心配はありませんが。

内装デザインは「CX-9」により似てきた感じがしますので、CX-8ってCX-5とCX-9の良いトコどりをしているモデルだなぁと思いました。

タイトルとURLをコピーしました