スポンサーリンク

オランダでMAZDA3/CXー30購入者の「80%以上」がe-SKYACTIV Xを選ぶ

マツダ全般

マツダの新世代エンジン「e-SKYACTIV X」

オランダでは高い割合で選ばれているようです。

情報元:SkyActiv-X-motor Mazda mateloos populair – AutoWeek.nl

情報元は「AutoWeek.nl」です。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • SKYACTIV-Xがオランダで絶大な人気を誇っている
  • オランダでは「SKYACTIV-G」はほとんど選ばれていない
  • 最近6か月でMAZDA3購入者の85.5%が「SKYACTIV-X」を選ぶ
  • CXー30の場合、2020年では94%が「SKYACTIV-X」を選んだ
  • CX-30は、2020年で見ると改良前(180PS)の2,086台を含む、合計2,212台が反浴びされた

オランダではSKYACTIV-Xのために法律が改正されました。
「SKYACTIV-X」がオランダの法律を変える。 : K-BLOG

MAZDA3とCX-30だけでみると、オランダでは「SKYACTIV-X」が選ばれる割合がかなり高いそうですねぇ。この理由としては「追加費用が14万~16万円でSKYACTIV-Xが手に入る」ということで、日本と比べるとかなりお買い得にSKYACTIV-Xを購入することが出来るようですねぇ。SKYACTIV-Dの設定がなくなった今、この価格差はかなりお買い得のように思えるので、納得できます。

ただ、MAZDA3とCX-30においての割合なので、オランダ全体で見るとどうなのかは気になるところですねぇ。

日本でもこのぐらいの価格差いならば、かなりの人気を獲得したと思いますが、開発されたばかりの真新しいエンジンですので、一気に売れてその後不具合などがあった場合は目も当てられないので、マツダも慎重になっているのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました