スポンサーリンク

マツダタイがバンコクモーターショー2021の販売実績を発表、一番人気は「MAZDA2」

マツダ全般

タイでは「バンコク国際モーターショー 2021」が開催されていました。

今回もその結果報告が行われています。

情報元:News & Activities | บริษัท มาสด้า เซลส์ (ประเทศไทย) จำกัด

情報元は、マツダタイのニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • 「バンコク国際モーターショー 2021」が無事に閉幕
  • マツダは「3,454台」を販売した
  • 乗用車は1,625台で総販売数の47%を占める
  • ピックアップトラックは70台(2%)
  • 一番人気は「MAZDA2」、続いて「CX-30」が人気を集めた
モデル名 販売台数
MAZDA2 1,243台
MAZDA3 382台
CX-3 512台
CX-30 967台
CX-5 138台
CX-8 141台
BT-50 70台

バンコクモーターショー2021が無事に閉幕したようです。
こちらのモーターショーの特徴は展示だけでなく、車両販売も同時に行っていることなんですが、今年も好成績を残せたようです。相変わらず、タイでは「MAZDA2」が人気を博しており、次に「CX-30」という結果となっていました。そして「CX-3」も健闘しているのがとても興味深いですねぇ。逆に「CX-5」や「CX-8」の人気があまりないのが面白い。

MAZDA2とCX-3のメイン市場は「タイ」ですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました