スポンサーリンク

マツダ中国は「上海モーターショー2021」で新たに「没入型オートショー3Dクラウドショールーム」を展示予定

マツダ全般
スポンサーリンク

間もなく開幕する「上海モーターショー2021」

マツダ中国が展示内容の詳細を発表しました。

情報元:上海车展丨涉及剧透!上海车展亮点全知道

情報元は、マツダ中国の公式ページです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • モーターショーは2021年4月19日から28日(現地時間)まで開催予定
  • マツダは「ホール5」に展示予定
  • マツダブースでは、携帯電話で体験できる「没入型オートショー3Dクラウドショールーム」を作成、新たな体験を提供
  • 他にも、ビジュアルデザインスタジオ「WOW」とのコラボで、光と影のアート「ART OF LIGHT」を展示予定
  • 2021年は「テクノロジーとイノベーション」の時代

注目していた上海モーターショー2021の展示内容の詳細が発表されました。これによると、新たな試みとして「没入型オートショー3Dクラウドショールーム」という3Dデジタル技術を利用した展示を行うみたいですねぇ。こちらがどういった内容なのか非常に気になります。

また実車を使用した「ART OF LIGHT」も同時に展示する予定だそうで、こちらは日本で展示された方式と同じなのか、それとも全く新しい展示内容なのかが気になるところです。私自身も日本の展示を見に行きましたが、本当に美しかったのを覚えています。マツダ車は芸術品ですよねぇ。

それと、噂の「EVモデル」に関しては何も書かれていません。
これは本当に発表されるのか、それとも当日にサプライズ発表されるのか、どうなっていくんでしょうかねぇ。

タイトルとURLをコピーしました