スポンサーリンク

Aterm WX3000HPの最新バージョン「Ver.2.2.3」に更新してみました

デジタル
スポンサーリンク

NEC製ルーター「Aterm WX3000HP」

いつの間にか最新バージョン「Ver.2.2.3」が登場したので更新してみました。

前回:Wi-Fi 6対応ルーター「NEC Aterm PA-WX3000HP」を購入しました

前回、話題の「Wi-Fi 6」に対応しているルーターを購入してみました。家庭内の通信環境の刷新という目的もあったんですが、何より新しいもの好きとしては試さずにはいられません。

購入してから約2か月たちましたが、噂に聞いていた不安定さはそこまで頻発しておらず、1回か2回くらい通信できずに再起動したくらいだったと思います。なので、そこまで気になることはありませんでした。

ただ、たまに無線通信の安定性が不安定になる場面が少しだけ気になっていました。ゲームなどの通信中、突然無線の電波状況が「橙色ランプ点滅」に代わる場面がたまにあって少し心配しているんですよねぇ。

そんな悩みを解消すべく調べていると「Aterm WX3000HP」のサポートページに最新バージョンが公開されていました。

WX3000HP|ソフトウェア|目的別で探す|Aterm(エーターム) サポートデスク

最新バージョンは「Ver.2.2.3」
2021年2月25日に公開されています。
私がこの商品を購入した3日後に公開されていたんですねぇ。ただ、このルーターには「自動オンラインバージョンアップ」機能が搭載されており、本来ならルーターが勝手にバージョンアップしてくれるんですが、ここに思わぬ落とし穴がありました。

この「自動オンラインバージョンアップ」は、RTモードのみでしか利用できないそうです。ブリッジモードや中継機モードではバージョンアップは自動的に行ってくれません。ですので、私の所有している2台はバージョンアップされていませんでした。

ということで、2台とも一時的にRTモードにしてバージョンアップを行います。方法はいたって簡単で、一旦電源を落としてからRTモードにツマミを切り替えて電源を入れるだけです。起動すると同時にバージョンアップをしてくれているのか、いつのまにやら最新バージョンになっていました。

そして、本題の「Ver2.2.3」についてです。
個人的な感想ですが、非常に安定していると思います。
通信ができなくなることや通信が不安定になることなどもなく、今までと変わらない快適なインターネットを使用することができています。ネット上などのレビューなどではかなり不安定な印象でしたが、どうやら使用している環境に左右されるのかもしれません。私の場合、ルーターとして使用していないのが功を奏しているのでしょうか?

なんにせよ、試してよかったです。
こういった最新バージョンを試すのはリスクを伴いますが、やってみないことには始まりません。これでさらなる安定性が手に入ると嬉しいですねぇ。

その後の使用感などについては、改めて記事にしてみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました