スポンサーリンク

「CX-30 EV」の給油口やルーフ周辺をよくみてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

中国で発表された「CX-30 EV Concept」

上海モーターショー2021で展示されている実車の写真が数多く公開されているので、よく見てみたいと思います。

情報元:长安马自达首款新能源车CX-30 EV正式亮相,续航里程可达到400km|新车|新能源车型|ev_网易订阅

情報元は「网易订阅」です。
こちらには、先日開催されたマツダ中国のプレカンファレンスにて発表された「CX-30 EV Concept」の実車写真が掲載されています。今までに見たことのない角度で撮られており、今まで確認できなかった部分などが確認できました。

画像引用元:长安马自达首款新能源车CX-30 EV正式亮相,续航里程可达到400km|新车|新能源车型|ev_网易订阅

屋根や給油口付近を確認することができます。
ルーフには「SIGNATURE STYLE」に存在しているブラックルーフレールが装着しており、中国では非常に人気の高い「サンルーフ」も装備されています。流石にパノラマサンルーフではないみたいですねぇ。

そして、給油口は「MX-30 EV MODEL」と同じ横長の四角い形状をしていました。さらにフェンダー部分の盛り上がりも再確認できますが、本当に膨らんでいますねぇ。それとかなり車高が高い印象を受けますので、サイドに装備されているステップはかなり役に立ちそうです。

内装は「ブルー×ホワイト内装」が採用されており、ノーマルなCX-30と同じものが採用されていますが、シフトレバーだけは「EVモデル」と同じものになっています。さすが「CX-30」をベースにしているだけあって、こういった応用力があるのがマツダの凄い戦略ですよね。

徐々に色々と分かってきた「CX-30 EV」
今後詳細なスペック公開が楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました