スポンサーリンク

「CX-30 EV」の底面バッテリー収納部分を覗いてみる

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの中国向けEVモデル「CX-30 EV」

気になる底面部分を覗いてみます。

情報元:Mazda CX-30 EV makes its debut at Auto Shanghai – paultan.org

情報元は「paultan.org」です。
こちらでは上海モーターショー2021にて展示されている「CX-30 EV」の写真が掲載されており、その中にCX-30 EVの底面部分を写した写真が存在していました。

情報元:Mazda CX-30 EV makes its debut at Auto Shanghai – paultan.org

これはけっこう衝撃的ですね。
かなり肉厚なバッテリーが搭載されています。
ボディ自体にも高さを加えるために銀色の部分を追加しているんですが、それでも足りないくらいにはみ出しているバッテリー部分が確認できますねぇ。

大容量のバッテリーを搭載するのにはここまで必要なんですね。

これだとデザインを重視するのならば一からプラットフォームをつくらなければいけませんが、マツダにそんな余裕はないので、これは仕方ないのかもしれませんねぇ。CX-30ではなく、CX-5に搭載すればと思ったりするんでけど、やはり新世代モデルに搭載したいという考えなのでしょうか?それとも第7世代プラットフォームでなければダメだったのかもしれません。

EV化というのはなかなか難しそうです。

タイトルとURLをコピーしました