スポンサーリンク

マツダが「スズキ、SUBARU、ダイハツ、トヨタ」と共同で次世代車載通信機の技術仕様の共同開発することを発表

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が「スズキ、SUBARU、ダイハツ、トヨタ」と共同で次世代車載通信機の技術仕様の共同開発することを発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOM

情報元は、マツダニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • スズキ、SUBARU、ダイハツ、トヨタ、マツダで次世代車載通信機の技術仕様の共同開発することに合意
  • トヨタが開発した車載通信機技術をベースに、各社が保有する技術を盛り込みながら、クルマからネットワーク、車載通信機センターまでの接続仕様を共通化した次世代のコネクティッドカー向けのシステムを構築する予定
  • 通信品質でオペレーター間の通話がよりクリアになり、接続スピードも向上
  • システム運用や機能追加を含むバージョンアップなどを簡素化することで、設備や人員などリソースの最適化を図っている

画像:MAZDA

最近では、マツダは「トヨタ」の技術をベースにした車載インフォメントシステムを使用していましたが、今後は「トヨタ連合」で協力し合いながら次世代車載インフォメントシステムの構築を目指していくようです。

マツダ自身、前々から「電子系は弱い」と認めていたところがあるので、これによって不得意な領域は全てトヨタに任かせて自分の得意な領域に資金をかけていくことができそうです。正直、こういった部分は「マツダ色」を強めなくていいので、利用しやすいシステムにしてほしいですからねぇ。

顧客にとってもメリットが多そうですねぇ。
これは今後が楽しみになってきました。

タイトルとURLをコピーしました