スポンサーリンク

マツダ中国が2021年5月の販売台数を発表、5月の販売台数は「14,745台」

マツダ全般
スポンサーリンク

中国マツダが2021年5月の新車販売台数を発表しました。

情報元:新闻中心 | 马自达2021年5月中国市场销量约1.5万台-马自达中国

情報元は、中国マツダのニュースリリースです。
こちらに2021年5月におけるマツダブランドの販売実績が公開されています。

2021年5月の販売台数は「14,745台」

各販売会社の実績は以下の通り。

一汽マツダ 4,385台
長安マツダ 10,360台

[主要モデルの2021年販売台数内訳(単位:台)]

モデル名 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月~12月
MAZDA6 2,935 1,204 4,635 2,719 2,490
CX-4 3,304 1,555 3,664 2,206
MAZDA3 9,693 5,265 6,793 6,706 6,800
CX-5 2,240
CX-30
CX-8

中国での5月の販売実績は「14,745台」となっています。
いつの間にか、販売台数が「上位3モデルのみ」となっているため、上位3位に入っていない「CX-4」などの台数はわからないという結果になってしまいました。

ただ、今まで販売台数が表示されなかった「CX-5」が急激に販売台数を伸ばして「CX-4」よりも上位に食い込んでいるのが興味深いですねぇ。先日登場した「黒騎士版」の効果がでているのかもしれません。そして、MAZDA6に関しては着実に台数を伸ばしており、北米などの「セダン不人気」という流れとは逆行しているのが凄いですねぇ。

中国市場はとても大きいので、セダンが生き残るには中国市場が必要不可欠なのかもしれません。今後は、セダンモデルは中国向けに特化していく可能性もありそうです。

タイトルとURLをコピーしました