スポンサーリンク

2021年商品改良CX-30の改良点「リアセンサー」と「USB差込口位置変更」を実車で見る

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代商品第2弾「CX-30」

2021年に商品改良されましたが、その改良内容で「リアセンサー」と「USB差込口位置変更」についてを実車を撮影した動画で確認することが出来ました。

情報元:スカイアクティブXに加え、足回りも一部改良された マツダ CX-30 の内外装を ラブカーズTV 河口まなぶ が改めてチェックする – YouTube

情報元はYoutubeです。
こちらでは一部商品改良された「CX-30」の実車レビューが公開されています。その中で、2021年一部改良部分について触れていました。

まずは「USB差込口」です。

画像引用元:スカイアクティブXに加え、足回りも一部改良された マツダ CX-30 の内外装を ラブカーズTV 河口まなぶ が改めてチェックする – YouTube

以前のモデルでは、エアコン操作パネル下にあるCD挿入口横に1つUSB差込口が設置されていました。その差込口がセンターコンソール内に変更されているのが確認できます。これで使い勝手はどうなるのか気になるところですねぇ。風の噂で聞いたところによると、以前の位置にあるとセレクトレバーにケーブルが絡まる危険性があるということで変更されたという話もあったとか。真偽のほどはわかりませんが、これで安全性が向上するのか気になるところです。

もうひとつは「リアセンサー」です。

画像引用元:スカイアクティブXに加え、足回りも一部改良された マツダ CX-30 の内外装を ラブカーズTV 河口まなぶ が改めてチェックする – YouTube

2021年商品改良モデルでは、上記部分のリアセンサーが削除されています。センサーが削除されていても、従来の性能通りだそうなのでコスト削減やデザインへの配慮などが主な変更理由となりそうです。

マツダの商品改良は本当に速いですねぇ。
新世代商品でも容赦なく商品改良していっているので、MX-30などにもどのような改良が施されるのか楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました