スポンサーリンク

2021 CX-9に搭載されている「コマンダーコントロール」の違いについてなど

マツダ関連

マツダのフラグシップSUV「CX-9」

2021年モデルに搭載された第6世代搭載型新世代マツダコネクトの「コマンダーコントロール」などの違いについてを調べてみました。

前回:マツダUSAが「2021 CX-9」を正式発表、新世代マツダコネクトと10.25インチセンターディスプレイを搭載

前回、マツダUSAが2021年モデルのCX-9を正式発表しました。その中身して「10.25インチセンターディスプレイ」などとテンコ盛りの内容でした。

画像も公開されており、色々とみていると今更ながらに気づいたことがありました。

それが「コマンダーコントロール」です。

画像引用元:MAZDA USA

内装画像でも確認が出来るんですが、より分かりやすさを重視して取扱説明書で比較しています。「Type-A」が初代マツダコネクト搭載型で「Type-B」が新世代マツダコネクト搭載型となっており、よーく見てみるとアイコン表示などが異なっています。

  • 初代は「♬」、新世代は「♪」
  • ホームボタンが、初代では「白塗り」で新世代では「線のみ白色」
  • ナビゲーションボタンが初代では「NAV」、新世代では「△」
  • お気に入りボタンが初代では「白塗り」、新世代では「線のみ白色」
  • 音声調整ノブが初代では「PUSH」、新世代では「記号のみ(電源ボタン)」
  • 音声調整ノブの横の文字が初代では「VOL」、新世代では「記号のみ」

コマンダーコントロール自体の形状は変わっていませんが、それ以外のアイコンなどはかなり違っていたんですねぇ。今までそこまで見ていませんでした。

マツダコネクター失格ですね。
ということで、2021 CX-9の内装画像には「新世代マツダコネクト型」搭載されていると事が確定しました。

なので、ついでにセンターディスプレイで機能の答え合わせをしたいと思います。以前取扱説明書を調べた時には「ドライバーモニタリング」は存在していませんでした。
2021 CX-9にMAZDA3などで採用された「先進安全機能」はどこまで搭載されているのか。

内装画像でも確認してみたいと思います。

元画像引用元:MAZDA USA

ドライバーモニタリング用の赤外線照射部やカメラなどの存在が確認できませんでした。ということは、2021年モデルのCX-9であっても「ドライバーモニタリング」などの機能は搭載されないようですね。

2021年モデルのCX-5も同様に「新世代マツダコネクト」が搭載されます。
2021 CX-5(北米仕様)に「新世代マツダコネクト」が搭載される

メインは「新世代マツダコネクト」と「コネクティッドサービス」ということのようですね。

以上です。
最近ではスバルの「アイサイトX」が登場し、今まで均衡を保っていた先進機能がはやくも崩れ始めました、マツダもこの分野に関しては負けられないと思いますので、ラージ群でどのように巻き返してくるのか楽しみですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました