スポンサーリンク

2021 CX-5(北米仕様)に「新世代マツダコネクト」が搭載される

マツダ関連

マツダの主力SUV「CX-5」

色々な噂がありましたが、最終的に「新世代マツダコネクト」が搭載されることがわかりました。

前回:北米向け「2021 CX-5」の改良内容についての話(新世代マツダコネクトは搭載されない?)

今までに色々な話がありました。
前回では「インフォメントシステムに変更ない」などのお話もあったので、気になって仕方がありませんでした。そこでとことん調べてみようと思い、色々と情報を探していると見つかりました。

情報元は「2021 CX-5(北米仕様)」の取扱説明書です。
こちらに答えが載っていました。

画像引用元:MAZDA USA

2021年モデルのCX-5には「Type A」と「Type B」のマツダコネクトが搭載される予定となっており、「Type B」は新世代マツダコネクトと同様のシステムとなっていることがわかりました。これは2021 CX-9と同じ構成ですね。

流石に、CX-9だけ搭載ということにはなりませんでした。でも、これで一安心したような気がします。なんたってCX-5はマツダの現主力車種でありますし、搭載されないとなるとかなりの売り上げ減となるに違いありません。

これは日本仕様もCX-5/CX-8で搭載される可能性が非常に高くなってきました。ついに第6世代にも新世代マツダコネクトが搭載されると思うと胸が熱いですねぇ。

ちなみに、エンジンラインナップは以下の通り。

画像引用元:MAZDA USA

「SKYACTIV-G 2.5」「SKYACTIV-G 2.5T」「SKYACTIV-D 2.2」の2種類がラインナップされていました。どうやらマツダは北米でのディーゼルエンジンを諦めているようではなく、2021年モデルのタイミングを待っていたのかもしれません。

新世代マツダコネクト搭載されれば、それだけでも購入意欲が増すはずですので、2020年モデルをあえてスキップするという策だったのかもしれませんねぇ。

タイトルとURLをコピーしました