スポンサーリンク

オーストラリアではCX-60の「SKYACTIV-G 2.5」が最初に投入される

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの新世代ラージ商品群第1弾「CX-60」

オーストラリアでも「SKYACTIV-G 2.5」搭載モデルが最初に投入されるそうです。

情報元:2022 Mazda CX-60 won’t have all engines available at Australian launch – Car News | CarsGuide

情報元は「CarsGuide」です。
ポルトガルで開催された「CX-60 試乗会」にて、マツダオーストラリアのVinesh Bhind氏がインタビューに答えていました。

  • 現在Mazda3、6、CX-5に搭載されているものと同じ自然吸気2.5リッター4気筒エンジンが搭載されることは間違いなさそう
  • PHEV、MHV搭載の3.0L直6エンジンは今年末から2023ねんの早い時期に登場する予定
  • 直6の3.0リッターエンジン車は、出力的にはPHEVに及ばないが、PHEVの全輪駆動に対してリア駆動になるものもあり、より純粋なドライバーズカーとしてのオプションになると考えていることを確認した
  • ビンディ氏は、オーストラリアでのPHEVの販売が思わしくないことを認めながらも、それが変わることを期待していると考えている

オーストラリアでもCX-60の投入エンジンについてが少しずつ分かってきたようです。日本でも投入された「SKYACTIV-G 2.5」が設定されているそうで、最初のモデルとして計画されているみたいですねぇ。その後数か月の期間をずらして「直6」や「PHEV」などを投入すると語っています。

ただ、オーストラリアではPHEVの販売があまりよろしくないようです。この流れをCX-60が帰ることができるのかが気になるところですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました