スポンサーリンク

マツダの国内向けSUVの販売台数を調べてみる(2021年4月-5月編)

マツダ全般
スポンサーリンク

すっかり忘れていましたが、日本自動車販売協会連合会が2021年4月、5月の乗用車販売台数ランキングを発表したので、マツダ車のSUVがいかほどのものかを調べてみました。

情報元:乗用車ブランド通称名別順位 | 統計データ | 一般社団法人日本自動車販売協会連合会

情報元は、日本自動車販売協会連合会です。
こちらには、乗用車ブランド通称名別順位が掲載されており、2021年4月と5月の販売台数が載っていました。

2020年 2020年 2020年 2020年 2021年 2021年 2021年 2021年 2021年
9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月
MX-30 648 472台未満 865 696 833 731台未満 1,052台
未満
488台
未満
441台未満
CX-30 2,905 1,812 1,812 1,186 2,584 2,017 3,895 923 866
CX-8 1,838 1,097 1,097 1,249 1,304 2,561 4,073 1,203 1,055
CX-5 2,606 1,834 1,834 2,234 2,037 2,589 4,845 983 830
CX-3 1,186 776 776 696台未満 752台未満 1,006 1,722 495 441台未満

この結果を見ると「CX-8」の活躍がよくわかります。
マツダの再主力車種「CX-5」に引けを取らない結果となっており、マツダの日本市場を支えているのがよくわかりますねぇ。

CX-8の価格帯は、マツダのモデルでは高価格帯に位置しています。その高価格帯が売れているということは、マツダにとっても利益率が高くなりそうですが、どうなんでしょうか?なんにせよ、マツダがSUVに力を入れているおり、ミニバンを廃止して3列SUVを開発しただけありますねぇ。

ただ、心配なのが「CX-3」と「MX-30」です。
これらモデルはSUVながらもランキング外になることがありますので、これらがどう今後改良されていくかでマツダの成長戦略が成功するかが決まりそうな気がします。

タイトルとURLをコピーしました