スポンサーリンク

マツダは将来的に「スポーツカー」と「ラージ群高級セダン」を投入する?

マツダ全般
スポンサーリンク

昨日、マツダが「2030年に向けた新たな技術・商品方針」を発表しました。

その中に「スポーツカー」と「ラージ群高級セダン」についての妄想です。

前回:マツダがあらたな技術・商品方針を発表、ハイブリッドモデル5車種、プラグインハイブリッドモデル5車種、EVモデル3車種を導入予定

前回、マツダが「2030年に向けた新たな技術・商品方針」を発表し、とても興味深い内容が盛りだくさんでした。その中で個人的に気になる内容があります。

まずは「スポーツカー」についてです。

画像引用元:MAZDA

マツダの通信機・接続機能についての将来的なイメージです。こちらの画像内には「ハッチバック」「SUV」、そして「スポーツカー」が描かれていました。わざわざこのような車両を描くということは、それを商品として出したいと考えているはずです。

そう思うと、マツダはロードスター以外のスポーツカー(RX-VISIONのような)モデルを本気で投入する予定なのかもしれません。

次に「高級セダン」です。
こちらは「MAZDA Co-Pilot 2.0」に掲載されていました。

画像引用元:MAZDA

小さな画像に「大型なセダン」が映っています。
正直、ただの参考画像だと思われますが、これがもしかしたらマツダのラージ群に属する「新型高級セダン」という可能性もありえなくもありません。大穴でトヨタとの協業したセダンかもしれませんし、個人的に妄想が膨らんでいます。

以上です。
両者とも妄想の域を超えませんが、それでもマツダは毎回こういった資料に何かしらのヒントを残してくれていますので、ちょっと期待したいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました