スポンサーリンク

ロードスターが電動化されても「軽量で手頃な価格」を目指す

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの人気スポーツカー「ロードスター」

電動化されたとしても「軽量で手ごろの価格」を目指すとしています。

情報元:Mazda Confirms Next-Gen MX-5 Miata Will Electrified

情報元は「motor1.com」です。
こちらでは、少し前に発表された技術・商品説明会においてのインタビューにおいて、海外メディアに対して「ロードスター」に関する内容の発言が出たと掲載されています。

“Mazda is seeking to electrify the MX-5 Miata in an effort to have all models feature a form of electrification by 2030. We will work hard to make it a lightweight, affordable, open two-seater sports car in order to meet the needs of customers.”

[機械訳]
“マツダは、2030年までにすべてのモデルに電動化を導入することを目指して、MX-5ミアータの電動化を進めています。お客様のニーズにお応えするために、軽量で手頃な価格のオープン2シータースポーツカーを目指して頑張ります。”

引用元:Mazda Confirms Next-Gen MX-5 Miata Will Electrified

電動化されたロードスターでも「軽量で手頃な価格」を目指していくそうです。この発言は、日本のメディアでも同様の発言が出ていました。
マツダが「ロードスターのフルモデルチェンジ」について語る

ほとんど同じ内容ですが、こうして海外でも発言されるとロードスターの電動化というのが日に日に現実味を帯びてきていますねぇ。

まだしばらくフルモデルチェンジは先になりそうですので、気長に待つことにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました