スポンサーリンク

【サービスキャンペーン】コネクティッドサービス用の車載通信機において省電力モードに移行せずにバッテリーが上がるおそれ

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が国土交通省にサービスキャンペーンの通知を行いました。

対象車種は「MAZDA3」「CX-30」「MX-30」「CX-5」「CX-8」です。

情報元:MAZDA3、CX-5、CX-8、CX-30、MX-30のサービスキャンペーンについて|リコール・サービスキャンペーン等情報

情報元は、マツダ公式ページです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

■サービスキャンペーン開始日
令和03年07月09日

■不具合の内容
コネクティッドサービス用の車載通信機において、通信制御プログラムが不適切なため、エンジンスイッチをオフしてから一定時間経過した際に、ドアやリアゲート、ボンネットの開閉、またはドアの施錠や開錠等の操作を行うと、省電力モードに移行しないことがあります。そのため、電流が流れ続けてバッテリーが上がるおそれがあります。

■改善の内容
全車両、車載通信機の通信制御プログラムを対策プログラムに修正します。

■対象車種
「MAZDA3」「CX-30」「MX-30」「CX-5」「CX-8」
詳細は情報元参照

マツダコネクト2に関するサービスキャンペーンが登場しました。この症状は少し前から海外でも発生していた症状でした。国内でもやっと対策が行われるようです。

この問題はなかなか怖いですよね。
ただMyMazdaで車両を操作しただけでバッテリーが上がってしまうので、何もしないで壊れたということが起きてしまいそうです。

対象車種を所有しているオーナーさんは出来る限り早く治しておきたいですねぇ。

タイトルとURLをコピーしました