スポンサーリンク

マツダ広島本社工場にて「太陽光発電設備」を稼働開始、MX-30 EVのバッテリー充電をまかなう

マツダ全般
スポンサーリンク

本日、マツダ株式会社が広島本社工場にて「太陽光発電設備」を導入したことを発表しました。

情報元:MAZDA NEWSROOMマツダ、広島本社工場への太陽光発電設備の導入について|ニュースリリース

情報元は、マツダ公式ニュースリリースです。
こちらに書かれている内容は以下の通り。

  • マツダ広島本社工場にて「太陽光発電設備」の稼働を本日開始
  • 太陽光発電設備は1.1MWの発電力を有する
  • MX-30 EVのバッテリー充電をまかなったり、工場全体で使用する電力として供給される

マツダも2050年のカーボンニュートラル化に向けて会社全体で動き出しています。太陽光発電設備を備えるにはコストがかかるうえ、そのコストに見合う発電が出来るのかと言われると難しい面がありますが、これで少しでも地球温暖化を防げると良いですねぇ。

また、MX-30のバッテリーについての画像も公開されています。

画像引用元:MAZDA

MX-30のバッテリーは車体下に存在しているので、上記のようにボディと組み合わせていくそうです。こういった組み立てラインが今後は増えていくのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました