スポンサーリンク

iPhone 12の「リバースワイヤレス充電機能」を試してみる

デジタル
スポンサーリンク

先日、Apple純正「MagSafeバッテリーパック」が発売されました。

iPhone 12の「リバースワイヤレス充電機能」が試せるということで、実際に試してみました。

前回:Apple純正「MagSafe バッテリーパック」を購入しました

前回、Appleの純正バッテリーパックを購入しました。
ワイヤレス充電という便利機能に感動しているんですが、iPhone 12には隠れ機能「リバースワイヤレス充電機能」が搭載されているという話を聴きました。

リバースワイヤレス充電機能とは、本来の電気の流れは「バッテリーパック→iPhone」のみになっています。それがiPhone 12では「iPhone→バッテリーパック」ということができ、iPhoneにバッテリーパックを接続することで、バッテリーパックを充電することが出来るんだそうです。

本来、iPhone12にバッテリーパックを接続すると以下の通り。

iPhoneのみに「雷マーク(⚡)」が表示されており、iPhone本体のみが充電されていることがわかります。

これに、USBケーブルを「iPhone本体」に接続してみます。

すると、バッテリーパックにも「雷マーク(⚡)」が表示されるようになりました。こうすることで、iPhone本体とバッテリーパック両方を同時に充電することが可能となっています。

これまた面白い機能ですねぇ。
ただし、上記の方法のみ「リバースワイヤレス充電機能」が使用できるので、それ以外の機器に対してiPhoneを充電機器として利用することはできないそうです。
これは少し残念。

ただ、今後は上位機種(iPhone Pro Maxなど)には、もっと多岐にわたるリバースワイヤレス充電機能が搭載されそうな感じもしますし、夢が広がりますねぇ。

こういった最新機器を試すのは本当に楽しい。

タイトルとURLをコピーしました