スポンサーリンク

マツダのSUV(主にラージ群)の商品スケジュールを妄想する(2021年7月28日現在)

マツダ全般
スポンサーリンク

マツダの主力モデル「SUV」

好き勝手にスケジュールを妄想してみたいと思います。

最近、色々な情報が出てきています。
なんか、色々とこんがらがってきたので、自分なりにそれらの情報を整理しつつ、SUV(主にラージ群)の商品スケジュールを想像してみました。

最近、マツダの主力SUV「CX-5」の新世代移行時期についてが色々と噂されています。2022年には第7世代へ移行して「CX-50」に改名するなどという話は以前からありましたが、一番新しい話では「2023年」に新世代へ移行するのではないかという話も出てきました。

現に「2022 CX-5」の存在は確かなものとなっています。
北米の「2022 CX-5」や「2022 MX-5」「2022 MX-30」の生産開始時期が公開されていました
NHTSAに「2022 CX-5」のページが登場しました

現行モデルに新世代マツダコネクトも搭載されましたし、まだまだ現役という線はかなりありそうなので、これは結構あり得そうな話ですよねぇ。

そして、個人的に一番興味津々なのが「CX-50 or CX-90」という全く新しいモデルが登場するのではないかという線です。現行モデルのフルモデルチェンジではなく、直6後輪駆動の全く新しいモデルが登場するとなると、確かに「ラージ群の幕開け」に相応しい。それにスモール群の第7世代SUVの幕開けも「CX-30」という新モデルという点を考えると現実味を増してきます。

北米市場専用SUV「CX-X」に関してはテストカーの存在が確認されています。
ロサンゼルスで新たに「マツダのテストカー」が目撃される

こちらはラージ群ではありませんが、2022年に登場することが確定していますので、こちらも楽しみです。

おまけで「MAZDA6」と「CX-3」です。
北米では2022年モデルは廃止されてしまっていますが、今後どうなっていくのでしょうか?個人的には、もしかしたら両モデルは廃止されて、新たな後継モデルに生まれ変わるような気がしてなりません。

以上です。
妄想が好きなので、こうした記事が多くなってしまいます。同じような内容になってしまいますが、自分の頭を整理するのには最適なので、今後もちょくちょくとやっていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました