スポンサーリンク

マツダの中国事業の形態をわかりやすく学ぶ

マツダ全般
スポンサーリンク

先日、マツダは中国事業の再編を発表しました。

個人的によくわかっていなかったので、少しだけ学んでみたいと思います。

情報元:マツダ、中国事業を再編 長安マツダに販売事業を集中 体制見直しで巻き返しへ(日刊自動車新聞) | 自動車情報サイト【新車・中古車】 – carview!

情報元は「carview!」です。
こちらには、先日のマツダの中国事業再編に関する記事が掲載されているんですが、そこに掲載されている画像がとても分かりやすいものでした。

長安汽車のマツダブランドが「長安マツダ」、中国一汽のブランドが「一汽マツダ」となっており、従来はお互いに直接的に関りがない構図になっていたようです。それが今回、マツダ本体を含む3社が新たに出資した「(新)長安マツダ」を再編しました。

さらに(新)長安マツダは一汽マツダの株式を60%取得、将来的には100%にすることによってマツダ車の販売を一社に統一するという形となりました・

この画像とても分かりやすいですねぇ。
こうしてみると「将来的に長安マツダの一社に統一される」という話の意味が分かりました。中国一汽も生産には関わるようですが、今までのような全てを一貫して行うということは直接的になくなりそうです。

以上です。
こういったことは苦手で避けてきましたが、すこしずつ調べて学んでいきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました